●食事について

 
 食事は施設での生活を送っていただく中で、重要な役割を果たしていると思います。   
 当施設では栄養管理をしながら、安全でおいしい食事を食べていただけるように、下記のような工夫をしています。

〈栄養管理〉
 医師の管理のもと、管理栄養士による個別の栄養管理を行っています。
特に制限を必要としない常食、病状を考慮した腎臓病食・心臓病食・糖尿病食・胃潰瘍食などがあります。
また、入所者の咀嚼・嚥下能力を考慮し、普通(制限なし)から、一口大・きざみ・極きざみ・とろみまでの5種類に分けて対応しております。

〈適温配膳車〉  
 温かいものは温かく、冷たいものは冷たいままで衛生的に提供するために適温配膳車を配備しております。

〈季節感のある食事〉
 旬の食材と献立の工夫で、季節を感じていただけるよう心がけています。

〈行事食〉
 季節の行事に合わせた特別献立・お誕生日のお祝膳・お誕生日会の手作りケーキなど、入所者に喜んでいただけるよう心がけています。
                    ※行事食カレンダーご参照
〈バイキング・レクレーション〉  
 入所者に決められた食事だけでなく、選んで食べる楽しみを持っていただける様に不定期に“おやつバイキング”・“お寿司バイキング”・“おやつレクレーション(たこ焼き、キャベツ焼きなど)”各フロアごとに実施しています。

〈お祝膳〉
 当苑で100歳のお誕生を迎えられた日に、入所者本人にお祝膳を実施しております。
 祝い鯛を用意し、本人の嗜好をお聴きしてお祝膳を実施しております。